はじめに

2019年9月28日(土)にEngineerX.goEngineerX、そして合同会社TsujiTechとして初めての勉強会を実施しました。
今回は、Goの勉強会とともに税理士の先生をお呼びし、開業届やどのようものが経費として落とすことができるかなどについてお話して頂きました。
人数も少ないこともあり、フランクな形で行え懇親会は盛り上がっていました。


EngineerX.go#1

概要

合同会社TsujiTechが主催するEngineerXは、『エンジニア×異種業界 の勉強会』を開催しているグループです。
ここでのエンジニアとは、技術を使ってモノを作り出す方を指し、異種業界はそれ以外の活動をしている方を指します。
私たちは、「エンジニアが世界を創る」と意識し、エンジニアに成長・活躍する場を提供します。
本勉強会を通して、技術の向上だけでなく、新しいサービスが生まれたり、開発の仲間を見つけたり、独立・副業をする際に気になるお金の話や法律の話などを聞ける士業をされている方と交流したりできるようにしたいと考えています。

その中でGoの勉強会に特化したのがEngineerX.goです。
一緒にGoを勉強して、Gophersとして確かな力をつけるのが目的です。

リンク

https://engineerx-go.connpass.com/event/143495/

タイムテーブル

時間登壇者内容
13:30〜14:00開場
14:00〜14:10THiroshi・Fumiオープニング
14:10〜14:20自己紹介タイム
14:20〜14:40税理士 岡 猛税フリーランサーに対する税務上の留意点
14:40〜14:50FumiA Tour of Goで一緒にGo入門(前半)
14:50〜15:00休憩
15:00〜16:00FumiA Tour of Goで一緒にGo入門(後半)
16:00〜16:30LT大会・懇親会

運営準備

今回は代表の辻が初めてエンジニア向けの勉強会を行うこともあり、運営の全ておよび講師全てを弊社で行いました。
ただ、今回は場所もレンタルオフィスを借りて行う関係上、一般参加枠・当日参加枠(聴講だけの参加者)の方には有料で募集を行いました。

運営の失敗談

応募当初、一般参加枠は1,500円をPayPalで前払いして頂き、当日参加枠は2,000円で当日払いで募集していたのですが、こちらの不手際でPayPal支払いができなくなってしまったため、一般参加枠をすでに参加している方で封鎖し、当日参加枠を1,500円に下げて対応することになりました。また、当日クレジットカード決済ができるようにSquareも準備しました。

今回PayPal支払いができなくなった原因としては、PayPalから送られてくるアカウント本人確認通知書が届かず、認証作業が進めない状態に陥り、お試し期間が過ぎてしまったためでした。運営準備を早く進めていれば起きなかった失敗でした。今後は対策をとり、同じ失敗をしないように努めます。

募集・参加状況

Gopherくんがお出迎え

初めての勉強会で有料だと参加人数は集まらないと予想して募集を始めたのですが、予想通り募集人数30名に対して全枠で9名という結果でした。
※当初50名で募集をおかけていたのですが、レンタルオフィスを下見に行った結果30名程度が妥当だったため途中で変更しました。

今回応募して頂いた全ての方が参加して頂け、なんと参加率100%というありがたい結果になりました。
参加して頂いた皆さまありがとうございました。

広告動画

合同会社TsujiTechとしては動画制作も行なってるため、開催1週間前で時間もほとんど取れないなかったのですが、
簡単なPR動画も作成し、TwitterやFacebookなどのSNSで広告を行いました。

開催前

ウェルカムドリンクとして、ミネラルウォーター1本とお菓子を準備させていtだきました。
また、開催前の時間や懇親会などで全ての参加者がコミュニケーションがとれるように(そして人の名前が覚えられない弊社CEOおよびCTOのために)、名札入れを準備しました。弊社で準備した紙に呼び名を書いて頂いていれてもらうか、もしくは名刺を入れて頂きました。


オープニング
合同会社TsujiTech・EngineerXの紹介

登壇者

合同会社TsujiTech 代表社員兼CEO
辻弘志 (@HiroHitchhiker)

合同会社TsujiTech CTO
Fumi (@FumiProgrammer)

概要

弊社代表・CEO 辻から合同会社TsujiTechの紹介と今後の展望について、
そして弊社CTO FumiからEngineerXという勉強会グループを立ち上げた理由およびマネタイズについてお話させて頂きました。

スライド


自己紹介タイム

懇親会でのコミュニケーション活発化および発表レベルの指標見極めを目的として、まず最初に運営および参加者の皆様に自由に自己紹介をして頂きました。
どのような目的で来ているのか、所属の方なのか、今まで何をしてきたのかなど各々思い思いに話して頂きました。


税金で気をつけるべき話

登壇者

リズパートナー会計事務所
代表者 税理士 岡 猛

1975年生まれ
信用金庫で個人のお客様や中小企業の資産運用、融資相談業務等に携わる。システム会社では経理系システムの構築に従事し、その後中堅税理士法人にて11年勤務。上場会社及び上場準備会社や様々なステージのオーナー系企業からのニーズに応えるべく税務相談、申告書作成の他、M&Aや事業承継対策など幅広い業務に従事。

概要

まず、所得税の取り扱いと確定申告の提出義務者について説明をして頂き、税務上のメリットを取るための留意点についてお話して頂きました。
講義後の質問タイムでもいくつか質問に答えて頂いたり、懇親会にも参加して頂けたので、その場でも質問に受け答えして頂け、参加者の方々にとても喜んで頂けました。

税金に関してのお話は、多くのエンジニアも関心を持っている話題で、今後とも長くお付き合いして頂ければ幸いです。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

ご紹介

岡先生をご紹介して頂きたい方は「お問い合わせ」までご連絡頂くか、弊社CTO 辻 (@HiroHitchhiker)または弊社CTO Fumi (@FumiProgrammer)までご連絡ください。


EngineerX.go
A Tour of Goで一緒にGo入門 – Basic編

登壇者

TsujiTech合同会社 CTO
Fumi (@FumiProgrammer)

概要

Go入門チュートリアル「A Tour of Go」を使って、Go入門しようという内容で行いました。今回は時間の都合上、「Basic」だけを行いました。

資料作成に時間がかかっただけであって、参加して頂きた方には資料は好評だったのですが、残念ながら「Basic」だけでもとても量が多かったため、駆け足になってしまい、途中で挫折してしまった人がほとんどでした。
今回の「Basic」は、残りの「Methods and interfaces」と「Concurrency」が終わった後、改善を加え、分割して、再度行なって行こうと考えていますので、もし参加されたい方は開催をお待ちください。

スライド

LT – Go言語を始める時の落とし穴

登壇者

株式会社エウレカ サーバーサイドエンジニア
jitchan(@1029_shinichi)

概要

Goを始める際の落とし穴について話して頂きました。こうゆう書き方はできないよ、こういう書き方であれば書くことができるよっということをお話して頂けました。

懇親会でも、新しく言語を勉強する際に、このようにつまづくポイントをわかりやすくまとめて発表してくれるのは嬉しいっと、とても好評でした。
また、登壇して頂けたら嬉しいです。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

スライド

懇親会

軽食やお菓子、アルコールドリンクやコーラなどを準備させて頂きました。運営や関係者を合わせても20名もいない少ない人数のため、全員が会話に入って、それぞれ楽しめているようだったのでとても安心しました。

我々としては、気楽に楽しめる勉強会にしていきたいと考えています。そもそも勉強や学びとは押し付けられて行う苦行ではなく、探究心をくすぐられた遊びなので、遊びをご飯などを囲みながらワイワイ楽しめるこそが醍醐味だと思っています。特に、このような勉強会は個人の裁量で来て下さっているので、参加して頂いた全員が楽しく過ごし、次のステップや日々の仕事などの糧になると嬉しいです。

そして、その結果として、参加者の方々が一緒に頑張る仲間や尊敬する人に出会えたり、知り合った仲間で新しいビジネスや新規事業が立ち上がったり、次の登壇者やサポータなどになって頂ける方が出てきたり、資金スポンサーや会場スポンサーをするよっと声をかけて頂いたり、こんな勉強会がやりたいなど提案をして頂けたら嬉しいです。

また、今回の懇親会でありがたい事に、勉強会の場所を貸して頂けるお話や、勉強会で今後取り入れたい内容について近いうちに他の勉強会で発表するので利用して良いという話も頂けました。スケジュール・計画などで調整が必要ですが、お声がけいただいた皆様、今後とも何卒よろしくお願い致します。

記念写真


参加者の声

Thanks

スポンサーの方々

パワーマッチング株式会社 代表 小野裕二

小野社長には、スポンサーとして参加して頂きありがとうございます。
弊社辻が初めての勉強会でわからないところを相談させていただきました。
また、士業の先生をご紹介して頂きありがとうございます。
エンジニアの皆様、関係者の皆様にいっそう愛されるように運営していきます。
今後ともご支援やご声援、ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

サポータの方々

tenntenn(@tenntenn)

tenntennさんには、EngineerX.goのスライド添削やサポータとして質疑応答や指摘などをして頂けました。忙しい中、スライド添削をして頂け、発表前に改善することができ、とても助かりました。ありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

micchie(@micchiebear)

micchieさんには、サポータとして質疑応答やWomen Who Goの話、Vimいいぞっという話などを懇親会でして頂けました。ありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

参加して頂いた皆様

運営側や関係者の皆様、そして一般枠・当日枠の皆様、参加して頂きありがとうございました。第一回目を無事に終わる事が出来たのも皆様のご協力のおかげです。今後とも勉強会を続けられるように反省し、精進致しますので、何卒よろしくお願い致します。


最後に

最後に初めての勉強会を祝して記念写真を撮りました。初めて運営を含めた勉強会を開催し、入り時間を間違えて掲載したりしていて、当日までバタバタしていましたが、様々な方が手助けをして頂け、なんとか無事に終わることができました。本当にありがとうございました。

今後、エンジニアがより活躍できるように、我々のミッションである「エンジニアに成長・活躍する場を提供する」ことができるように努めていきます。ご支援、ご声援、ご協力賜りますよう何卒よろしくお願い致します。

CEO 辻 弘志・CTO Fumi


Gopherの画像ついて

オリジナルのThe Go gopher(Gopherくん)は、Renée Frenchによってデザインされました。
The Go gopher was designed by Renée French.